患者さんの93%がスッキリ | 首こり解消専用ストレッチ

  • LINEで送る

頭痛や吐き気をともなう首こり。痛みも訴える方が多く、わたしも数多くの患者さんを診てきました。

整形外科で出されたクスリも「首のコリ・張り」に対してはあまり効かないので、みなさん満足していません。

縮んで硬くなっている筋肉は
「深層筋」という筋肉へアプローチすることが良く、この筋肉は、マッサージでは届かない深いところにあります。

「ストレッチ」が一番良いです。

「とにかく、このつらさを無くしたい!」と悩んでいらっしゃいますので、根本的な治療(生活背景や食事)と平行して、即効性のあるストレッチのアドバイスを行った所、

「パソコンを見ている途中にやると、首周りがリセットされるようで気持ちいいい」

「つらい時に、どこでもスグ出来るのでいいですね」

「肩甲骨周りもほぐれます」

との声を頂きましたので、ここでシェアしたいと思います。

即効性のある首コリ解消3選

以下の3つを順番に行います。

首のストレッチ

頭を右に傾ける

そのまま「左」の肩を下へさげると、首~肩にかけて伸びるのが分かる
首こり解消ストレッチ1

「まだ伸ばされてない」と感じるときは、右手を反対の耳にかけ、軽く押さえてあげるとよく伸びる !ムリをせずに気持ちいい位を目安に

このまま20秒

戻して、真っすぐラクにしたまま10秒(この”待ち時間”がコツです。血流が活発になります)

「右ななめ前」に同じように頭を倒し20秒

戻して楽にしたまま10秒

同じ事を反対側も行います(2~3回繰り返しても良いでしょう)

頭痛や肩こりに効果の高いツボ「風池(ふうち)」を刺激

■風池の位置:首のうしろの生え際で、首すじの外側にあるくぼみ。
頭痛や肩こりのツボ風池

図のように風池に親指を当て、イタ気持ちいい程度に上に向かって押しもむ。
首こり解消ツボ風池

※顔をやや上に向けるとラクに押すことが出来ます

背骨の上部をやわらかくするストレッチ

「前ならえ」の状態で腕を組み、
首こり解消ストレッチ2

おへそを覗きこむように息を吐きながら、手をできるだけ前へ伸ばす
首こり解消ステレッチ3

背中は、腕とは逆方向、つまり後方へ押し出すように

次に、体をまっすぐに起こし、手を後ろで組む

息を吸いながら、背骨~ 頭をまっすぐ天井に向かって伸ばす
首こり解消ストレッチ4

これを3回繰り返す。

※次の場合は運動を行わず専門医の診療を受けるようおすすめします

  • 安静にしていても、しびれ・痛みがある
  • 力を入れた時に痛みやしびれが強くなる

「刺激が強ければ効く」というものではありません
あまり強く行うと気分が悪くなる方もいらっしゃいますので、くれぐれも「気持ちの良いくらい」を目安にして下さい

  • LINEで送る
スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ