パソコンで首や肩のハリ・こりを防ぐために知っておきたい4つ

  • LINEで送る

PCに向かうときに
「背中のハリ」「首~肩のコリ」を感じている人は多い。
いくつかの点を見直すことで改善することが分かっているので、
まとめてみた。

ブルーライトによる目の疲れを防ぐ

発光ダイオード(LED)を使ったディスプレイを見続けることで、
ブルーライト(青色光)が及ぼす人体への影響が懸念されている。

具体的には、
眼が疲れやすくなり、
「黄斑変性症」を進行させるという。

「黄斑変性症」とは、目の黄斑部がダメージを受けてしまい発症する病気。

症状として

  • 視界のゆがみ
  • 視力低下
  • 視野に黒点があらわれる

ブルーライトは、
紫外線に近い高いエネルギーを持っているため、
テレビやパソコン、スマホなどの画面を見続けることで、
黄斑変性症を進行させることがある。

これをカットするとで
瞳孔の過大な反応が抑えられ、眼精疲労が軽減されるといわれている。

最近はブルーライトをカットする眼鏡も発売されているので、
個人差はあるようだが検討してみるのもいいかもしれない。

ただ、
現在の研究では「ブルーライトと人間との関係」についての
ハッキリした科学的根拠はないし、
人体にどのような影響を与えているかを明確にしたデータは少ない。

ちなみにブルーライトは、
普段生活している空間にも存在するし、
上空「青空」中にも含まれていて、
これはディスプレイのブルーライトより強い。

室内にある蛍光灯からも出ているので、
あまり神経質になるのもどうかと思うが、
実際に「眼鏡」でラクになったという人もいるので、
試してみる価値はある。

画面の輝度を下げる

瞳孔が余計な動きをしなように「ディスプレーの輝度を下げる」ことは大切だ。

というか、個人的にはこちらの方が効果は感じた。

知り合いのパソコンを使わせてもらったとき、
とても眩しく感じるので質問すると、

「PCを新しくしたら、すっごい明るいんだよね♪明るさは買った時からいじってないけど」
と、うれしそうに話していた

PCを新調したときは画面が明るいのがうれしいのかもしれないが、
目に良いことはなにもない。

また、
パソコンの後ろに窓があるときは、
そこから入る光にも気をつけたい。

せっかく輝度を下げても、
その後ろからまぶしい光に照らされていたら何の意味もない。
実際にやってみると分かるが、
とても疲れる。

たまにPCから離れる

視力には、
「遠くを見るための視力」と、
「近くを見るための視力(近見視力)」がある。

目が疲れているのに無理をしてパソコン画面を見続けていることにより
視力が急速に低下していく。

その上、目からは「大量の情報」が洪水のように押し寄せ、その情報を脳が処理している。
これは、脳の「平衡感覚」にも影響があり、
PCを長時間行っているとめまいがしたりクラクラする人もいる。

こうした負担が、首や肩、背中のハリやこりにつながっても
何の不思議もない。

これは携帯やスマホ、タブレットなどでも同じ。

パソコンに向かうなら、
自分で時間を決めて一端席を立ち、遠くをボーッと見たり
目を閉じてリラックスしたりして、目や脳を休ませよう。

パソコンの画面の位置を調整

以前、ノートパソコンでの画面の位置調整のやり方を説明したが、
デスクトップPCの人は、
「液晶画面の位置調整」をオススメする。

やることは、たった2つ

1:首を真っすぐ安定させた状態で、
画面の上端が目の高さくらいに合わせる。
これにより、
目線が斜め下10~20度くらいになるはず。

2:画面と顔の教理は70センチくらい離す。

ちなみに、
パソコン作業で首~背中が張ったりした時は、
こちらで紹介しているストレッチも効果があった。

本来は「猫背を治す」効果があるそうだが、
たった5分やるだけで、スッキリして軽くなった。

猫背も矯正されるし一石二鳥かも^ ^

ぜひ試してほしい。

コツがあるのだが、これは後ほど説明したい。

  • LINEで送る
スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ